(最終更新日:2022-05-28 12:20:54)
  ヤマシタ ヒトシ   Hitoshi Yamashita
  山下 仁
   所属   森ノ宮医療大学  医療技術学部 鍼灸学科
   森ノ宮医療大学大学院  保健医療学研究科 保健医療学専攻
   森ノ宮医療大学  鍼灸情報センター
   森ノ宮医療大学大学院  保健医療学研究科 医療科学専攻
   職種   教授
■ 学歴
1. 2002/09/04
(学位取得)
東京大学 博士(保健学)
2. ~1987/03 明治鍼灸大学 鍼灸学部 鍼灸学科 卒業
■ 研究テーマ
1. 鍼灸安全管理
2. 鍼灸臨床研究方法論
3. 代替医療臨床研究論文の質評価
4. 昭和の鍼灸師・代田文誌の業績調査
■ 所属学会
1. 全日本鍼灸学会
2. ∟ 理事
3. 日本東洋医学会
4. ∟ 代議員
5. 日本統合医療学会
全件表示(12件)
■ 受賞学術賞
1. 2018/11 International Congress of Oriental Medicine The 19th International Congress of Oriental Medicine Poster Award (共同発表者) (Quality of Japanese clinical practice guidelines listing acupuncture: Assessment using GRADE system and AGREE II)
2. 2017/11 日本統合医療学会 平成29年度日本統合医療学会論文賞(共著者) (がん患者に対する鍼灸治療-臨床的有用性に関するエビデンスと緩和ケアチームでの試行-)
3. 2017 全日本鍼灸学会高木賞奨励賞(責任著者) (鍼治療と肝炎感染の関連についての文献レビューにおけるハンドサーチの重要性-システマティック・レビューの変法による検証-)
4. 2008 3B Acupuncture Award: Category Free Poster Presentation: 2nd Place(共同演者) (Preliminary and Exploratory Study on Specific Adverse Reactions to Acupuncture - A Randomized Controlled Trial on Tiredness, Drowsiness and Driving Ability after Treatment)
■ 論文
1. 論文  Incidence of adverse reactions associated with acupuncture The Journal of Alternative and Complementary Medicine 6(4),pp.345-350 (共著) 2000
2. 論文  Popularity of complementary and alternative medicine in Japan: a telephone survey Complementary Therapies in Medicine 10(2),pp.84-93 (共著) 2002
3. 論文  Randomised controlled trial comparing the effectiveness of electroacupuncture and TENS for low back pain: a preliminary study for a pragmatic trial Acupuncture in Medicine 20(4),pp.175-180 (共著) 2002
4. 論文  Factors that influence the applicability of sham needle in acupuncture trials: two randomized, single-blind, crossover trials with acupuncture-experienced subjects The Clinical Journal of Pain 22(4),pp.346-349 (共著) 2006
5. 論文  Adverse events in acupuncture and moxibustion treatment: a six-year survey at a national clinic in Japan The Journal of Alternative and Complementary Medicine 5(3),pp.229-236 (共著) 1999
全件表示(113件)
■ 著書
1. 著書  速修 現代臨床鍼灸学エッセンス   (単著) 2020/11
2. 著書  マンガとエビデンスでわかるプラセボ効果-これからの医療者必携!   (共著) 2021/08
3. 著書  覚えておきたい事故防止の知識 マンガ鍼灸臨床インシデント(増補改訂版)  1-207頁 (共著) 2017
4. 著書  鍼治療の科学的根拠-欧米のEBM研究者による臨床評価-  1-238頁 (共著) 2001
5. 著書  現代鍼灸臨床試論 国家試験に出題されない必修科目!?  1-218頁 (単著) 2005
全件表示(33件)
■ 総説等
1. その他 鍼灸の臨床試験 医学のあゆみ 203(7),503-507頁 (共著) 2002
2. その他 EBM・NBMと鍼灸 全日本鍼灸学会雑誌 68(3),168-180頁 (共著) 2018
3. その他 Safety issue on acupuncture and moxibustion in Japan The Journal of Kampo, Acupuncture and Integrative Medicine 1(Special Edition) (共著) 2010
4. その他 Safety of acupuncture practice in Japan: patient reactions, therapist negligence and error reduction strategies Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine 5(4),pp.391-398 (共著) 2008
5. その他 音楽家鍼灸の可能性 医道の日本 77(1),180-189頁 (単著) 2018
全件表示(285件)
■ 学会発表
1. 2019/10/06 Are clinical practice guidelines including acupuncture in your country appropriate and valid?(International Scientific Acupuncture and Meridian Symposium (iSAMS) 2019)
2. 2012/10/05 Differences in practice, effect and safety of acupuncture among countries: an example of Japan(International Scientific Acupuncture and Meridian Symposium 2012 Sydney)
3. 2009/05 Japanese acupuncture using moxa(The 40th International TCM Congress in Rothenburg o.d.T.)
4. 2008/03 Current Japanese acupuncture fluctuating between "evidence" and "tradition"(International Symposium "Change of Traditional Medicine and Modernity in East Asia: in the age of Environmental Change and Globalization")
5. 2001/10 Side effect information on acupuncture: a prospective survey on adverse reactions(The 11th International Congress of Oriental Medicine)
全件表示(296件)
■ 講師・講演
1. 2009/09/13 国際的視野から見た鍼の臨床と研究の現状(金沢市兼六園広坂休憩館)
2. 2008/11/09 統合医療と鍼灸(群馬県前橋市ウェルシティ前橋)
3. 2013/09/13 Overview of Japanese acupuncture and Shonishin(Holiday Inn Paris-Montparnasse Pasteur, Paris, France)
4. 2010/09/20 鍼灸のグローバル化とその条件(金沢市エクセルホテル東急)
5. 2010/06/12 臨床で知っておきたい鍼灸安全の知識-医療事故を起こさないために-(大阪国際会議場)
全件表示(124件)
■ 外部資金
1. 2020~2022  非薬物療法の効果量推定を阻害する対照群の異質性に関するシステマティック・レビュー 基盤研究(C) 
2. 2017~2020  代替医療の臨床研究論文の質:システマティック・レビュー変法による評価 基盤研究(C) 
3. 2012~2015  急増した鍼灸学科の医療安全教育の評価と、質の保持・向上のためのコンテンツ開発 基盤研究(C) 
4. 2009~2011  音楽家鍼灸の確立可能性-質問調査およびランダム化比較試験によるエビデンスの検討 基盤(C) 
5. 2001/04~2003/03  日本国民の補完代替医学の利用状況に関する調査研究 奨励研究(A)/若手研究(B) 
全件表示(25件)